一度にいろいろこなしていくことは難しい。何事もコツコツ

庭

家族から譲り受けた(ような)形の小さな庭が我が家にあります。私は、一日の流れの一つとして、庭の手入れを始めています。手入れと言っても、そこは素人、まずは雑草抜きから始めることにしました。最初は雑草を手で抜いていましたが、雑草を抜く道具を家で見つけてからは、道具も使って雑草を抜いています。

道具を使って雑草を抜いてみてわかったのですが、結構雑草の根の部分は長いです。雑草を抜こうとしたら、意外に土を掘り起こすことができました。意外なことでしたが、雑草を通じて、土おこし、肥料づくりに挑戦していく形となっています。家も庭も似たところがあります。どちらも、放っておくとろくなことになりません。家の場合は朽ちていき、そのうち荒れたり汚れたりして良いことになりません。

同じように庭も、雑草が生い茂り荒れてきて、最終的には近隣に迷惑をかけることになってしまいます。そんなわけで、庭仕事・家庭菜園初心者の私は、まず庭の雑草を抜いていくことから始めることになりました。良くありがちな張り切りすぎて、竜頭蛇尾になってしまわないように、意気込みすぎない程度に、愛情をかけていきたいと思います。

そんな私に困ったことがあります。趣味の手芸や家事がおろそかになってしまいがちなことです。朝、庭の手入れ(というほどでもありませんが)を済ませたら、後は在宅の仕事、そしてご飯を食べて終了、といった流れになってしまいそうになります。

庭の手入れは一日のプログラムの一部分、仕事も趣味もこなすことが理想ですのに、困ったものです。あれもこれもやっていくことは難しいです。一度にいろいろこなすことは、不器用な私にとって大変なことです。

でも、庭の手入れも家の用事をこなすことも、私にとって大事なことになります。どれを外しても、家にとって良いことになりません。ネットで調べてみたら、家庭菜園にはやってみると良さそうなことも多いです。

お花や野菜を育て愛でる喜びがあり、外で空気を吸って近所の人とコミュニケーションもとれますし、美味しく食べて、お花を飾ることもできます。難しいながらも、仕事も家庭菜園も家事も無理せずにこなしていきたいと思います。